Youtube facebook

Sabipedia サビペディア

Sabipedia サビペディア

新しい記事

錆の原因~毛細管凝縮と汗などの塩分~

2021.2.26

 異物や錆/腐食が金属表面に付着していると、なぜ錆/腐食しやすいのか。「毛細管凝縮」という現象があり、物と物の間にあるわずかなすき間(毛細管部分)に湿気が入り込み、湿気(気体)が水(液体)へと変化する現象です。また、例えば汗が金属表面で乾燥した場合、その汗に含まれる塩分などが残ります。湿度の高い環境では、この塩分が湿気を取り込み液体に戻ることがあります。塩分を含む水が電気をよく通すことは既知の通りで、別ページの解説の通り、錆/腐食の反応の際の電気がより流れやすい状態になります。

前へ(汚れの種類)
次へ(銀の腐食)

SHARE
Facebook Twitter LINE

錆止めでお困りの方はこちらから

40年余りの実績があり、今や気化性防錆紙「アドパック®(adpack®)」の代表格。鉄鋼の広い用途に対応しています。

ロングセラーを誇る長期鉄鋼用塗工タイプ。刃物などの長期保存に適しています。

最近ますます複合化する金属製品の防錆用に新たに開発され、幅広い金属に対応しています。

銅・銅合金に対する防錆効果があります。銅線・銅板・銅管など、幅広く使用できます。

主に自動車メーカー様の自動車プレス部品(亜鉛メッキ鋼板)やエンジンのノックダウン(KD)梱包用として、15年余りの実績を持っています。