メニューをみる
NEWS 2021/4/20 GW休暇のお知らせ
Youtube facebook

Sabipedia サビペディア

Sabipedia サビペディア

新しい記事

錆/腐食の種類とは

2021.4.26

 一口に錆/腐食といっても、そのメカニズムによって様々な種類があり、金属の種類およびその使用環境によって生じる種類が異なります。代表的なものは、下記の通りです。
 錆/腐食に種類があるということは、それらが生じる要因も異なり、防ぎ方(防錆防食方法)も異なります。例えば、オイルステインは、塗布した防錆油などの油の酸化が原因ですので、「定期的な油の除去と再塗布」「油を使用せず、別の防錆包装材を使用する」などが対策として挙げられます。

1.均一腐食2.局部腐食
3.孔食4.すき間腐食
5.異種金属接触腐食6.脱成分腐食
7.粒界腐食8.エロージョン・コロージョン
9.キャビテーション・エロージョン10.擦過腐食
11.応力腐食割れ12.腐食疲労
13.スケール形成14.オイルステイン(油焼け)
代表的な腐食の種類

SHARE
Facebook Twitter LINE

錆止めでお困りの方はこちらから

40年余りの実績があり、今や気化性防錆紙「アドパック®(adpack®)」の代表格。鉄鋼の広い用途に対応しています。

ロングセラーを誇る長期鉄鋼用塗工タイプ。刃物などの長期保存に適しています。

最近ますます複合化する金属製品の防錆用に新たに開発され、幅広い金属に対応しています。

銅・銅合金に対する防錆効果があります。銅線・銅板・銅管など、幅広く使用できます。

主に自動車メーカー様の自動車プレス部品(亜鉛メッキ鋼板)やエンジンのノックダウン(KD)梱包用として、15年余りの実績を持っています。